2014年06月20日

本との出会い、雨のことば辞典

たまに書店に行くと知らなかった本との出合いがあり、つい買ってしまう。
今日は「雨のことば辞典」「中世を道から読む」「武士道の逆襲」の3冊。読んでない本がさらに増えていく。
「雨のことば辞典」は気象エッセイストの倉島厚さんと原田稔さんの共著で、14年ぶりに講談社学術文庫から再出版された。
  新しい気象の動きも入っている。
  家には「雨の名前」という小学館の本もある。写真もたくさん入ったエッセー兼辞典の趣の本で眺めると楽しい。
 
  今回の「あめのことば辞典」はやや学術色が強く、1200語も入っている。ただ文庫なので文字が小さいのはちょっと読みにくい。
posted by masa-u at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100114450

この記事へのトラックバック